資源再生をする工業

リサイクルをする工業

トップ

工業は偉大である。

身近にある工業技術とリサイクル 

多岐にわたる工業の中で、近代的なイメージのあるものといえば、リサイクル業界ではないでしょうか。江戸時代などには既に農業や着物などでリユースの文化は浸透していた日本ですが、現代では繊維や分子レベルからの作り変えが新しい商品を生み出すようになりました。誰もが思いつくものと言えば、牛乳パックや古紙がトイレットペーパーになったり、ペットボトルが制服になったり、といったものでしょうか。このように家庭から回収されるものばかりがイメージに残りやすいですが、実は日本国内で使用されている鉄は、その30%ほどがリサイクルにより再生成されたものなのです。大きな橋やビルなどの建設にも、鉄は欠かせません。現代では工業も環境への配慮が求められ、このように人知れず応えているのです。

日本の資源を有効に活用する技術 

作る、あるいは修繕するイメージが強い工業ですが、日本はリサイクル技術もなかなかの高水準なのをご存じですか。資源が少ないと言われる日本において、あるものを無駄なく使う、また使えるように作り変える意識は昔から浸透していました。それは古紙や瓶、アルミなどに留まらず、生産に使う溶剤さえも再利用する風潮へと繋がりました。一度使った溶剤はあらゆる不純物が含まれ、高品質を是とする日本企業では捨てるしかありませんでした。しかし、日々進化する日本の工業技術と知識により、不純物を取り除くことが可能となったのです。常に新しい製品を生み出すだけではなく、環境への配慮を考えたリサイクル技術も同時に進化させたのは、世界を見渡しても日本が先進と言えるでしょう。

リサイクルと工業の情報

新着情報

© Copyright リサイクルをする工業. All rights reserved.