工業の知識をつける

工業の事務を目指すこと

トップ / 工業の事務を目指すこと

工業は偉大である。

工業事務で確認すべき点 

工業といっても、他の企業と同じように専門職以外の人も多く働いています。たとえば、事務員です。機械や化学などの専門知識は必要なく、一般的な業務を行うので、求人に対する倍率も他と何ら変わりません。しかし、その分待遇や給料も大差ないと見て良いでしょう。もし就職先が小さな事務所や町工場だった場合は経理係を兼任している場合があります。このケースでは製造に関する原価などの知識が必要となるため、工業に特化した簿記の知識が自ずと求められてきます。もし求人に応募するなら、職務内容をよく読んで、こういった兼任はないか確認してから検討しましょう。純粋な事務員を希望するなら、その方が採用率も上がるので必ず確認してほしい点です。

専門的な仕事の内容と資格 

事務職を目指す人の中には、工業系の会社へ応募しようと考える人もいることでしょう。これからも一定の需要や成長が見込まれる業界であるため、経営を支える事務職もそれなりの求人数が存在します。その中で、よく懸念されるのが専門的な知識は必要なのかという点です。仕事内容としては電話の応対や書類の整理と作成などで、他業界とほとんど変わりません。簡単な専門用語が必要になる場合もありますが、電話応対や職場内での会話を繰り返すうちに自然と適度なレベルで覚えるので、特に心配することは無いでしょう。とはいえ、持っていた方が有利だという資格もいくつかあります。専門学校出身の人は知識を持っていることをアピールできますし、工業簿記など業界に特化した資格は通常の事務希望者より採用率が高くなる場合もあります。

リサイクルと工業の情報

© Copyright リサイクルをする工業. All rights reserved.