浸水対策をしっかりと

過程で行う浸水対策とは

トップ / 過程で行う浸水対策とは

災害に負けないための浸水対策 

浸水対策は、地質や河川の形状を把握して行うことで、家庭でも迅速に対処できるようになります。自宅の土地の特性を知るために、過去の水害の歴史を探り、今後の防災に役立てることが大切です。周辺の河川の水位を常に観察していれば、危険な状態を素早く察知できます。大規模な治水は国や地方自治体が行いますが、家庭レベルでも努力を積み重ねていけば、大規模な水害に対応できます。土嚢や緊急用のゴムボートを用意することも、浸水対策として、万が一のために重要になります。

リサイクルと工業の情報

© Copyright リサイクルをする工業. All rights reserved.